制限を解除する必要がないのがwimax2です

気が変わって解除するために新たに料金が必要になる点も利用しにくい要因の一つです。 こうした各種の問題を解決したのて、どこにでも持ち歩くことが出来るモバイルルータながら、通信料に制限が無く、料金にかかわらず常に安定した速度で利用できるのが大きな魅力となっています。 この製品に更に高速な回線速度を実装したのが新作のwimax2と呼ばれるものです。 その速度は、ここでは従来のものが下り最大40Mbpsなのに対し、これはwimax2では下り最大110Mbpsを実現しています。 結局はそのため家庭に設置する固定回線と比較しても遜色なく、これを使用することができます。 この2種類に加え、割引キャンペーンのオプションとしてau4GLTEも使用することが可能です。 この制限が解除され800MHzの広範囲のエリアでの接続できるようになります。 これら3種類は、いつでも好きなときに自由に切り替えることができますから、それによって毎日の生活のスタイルや、普段の行動範囲に合わせて使い分けることが出来るのも大きなメリットです。

定額制のプランだと通信速度の制限があります

スマートフォンの普及や、タブレット端末の台頭により、国内のインターネット事情は大きく変化しています。 以前は家庭やオフィス以外の場所でインターネットを利用するにはそのための回線を別途準備せねばならず、しかもその速度は非常に遅いものでしたので、ここでは簡単なメールチェック程度の実用性しか有りませんでした。 しかし、昨今では、3Gに始まり、更に高速な4GLTEの導入により、wimax2による様々な場所で高速回線によるデータの制限が解除されました。 それにより、各携帯キャリアからも大容量データ通信を見越した定額制の料金プランが設置されるようになり、これが着実にインフラは全国で整ってきています。 しかし、こうしたuqの定額プランなど、インターネットを使用するための料金も、これは他と比較して高額なものが多くなってきています。 各SIMなどでは、通信料の制限に合わせて料金を2段階に設定するwimax2のキャンペーンなども有りますが、よほど、これは意識して注意するか、または目的を限定した使い方をしなければ、容量を抑えながら利用することは難しいものとなっています。 また、こうした料金もさることながら、定額プランでは通信できるデータ容量に上限があります。 それを超えて使用した場合、速度に制限が出るなど、ヘビーユーザーにとっては煩わしいものとなっています。

速度
スマホ

通信料の制限を節約できるwimax2

専用プランとしてUQFlatツープラスが存在しており、月額4196円で申込ができます。 また、2年契約を利用することで、月額から500円のキャンペーン割引が該当され、月額3696円と格安になるのが以前と比較して出来るようになります。 このことから、wimax2をモバイルだけで無く、家庭内での固定として接続することで、それに伴い現在契約しているスマートフォンやセルラーモデルのタブレット端末を2段階料金プランに設定することで、低料金で場所を選ばずにインターネット回線を利用する環境を作る事ができます。 特に制限がある光回線などの環境から変えることで、大幅に毎月のコストの制限を節約することが可能です。 また、新たに販売されるWi-FiWALKERWiMAX2+HWD14は、2.4インチのタッチパネル液晶を装備したauやuqのモバイルルータで、好みの3回線をワンタッチで切り替えれます。 さらに、再開までの起動時間も大幅に解除されており、わずか5秒で可能になるなど、困惑したストレス無く使用することができます。 この新機種は、USB給電機能も搭載しており、出先での充電に代替えすることもできます。 大容量バッテリーを採用することで、最大9.5時間の連続通信が大きな特徴です。

価格

このページの先頭へ